スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新着

お待たせしていた、輸入便が到着しました。

P6189607.jpg
ヒガシヘルマンリクガメ 黄色の強いマケドニア産
2015CB 7-8cmと9cmの安心2サイズとなります。

P6189590.jpg
マタマタ
同時に
クロハラヘビクビガメ2016CB
ホオアカドロガメ2016CB
P6209681.jpg
ペニンシュラクーター2016CB
P6209698.jpg
ニシキマゲクビガメ2016CB
P6199626.jpg

が入荷しております。

ここ数ヶ月の入荷

年末から今月にかけて入荷したトカゲ達。
P1236607.jpg
0.0.7トーマストゲオアガマUromastyx thomasi
image (58)
1.2.0デプレッサイワトカゲ Egernia cygnitosEUCB
デプレッサは細かく種に分けられました。これはピルバラと呼ばれるタイプです。
コーラルは居ますが、ピルバラは全く見ません。
P2287514.jpg
1.1.0ホズマーイワトカゲ Egernia hosmeriEUCB 
美イワトカゲ。
まだドイツに在庫がある為、興味がありましたらお問い合わせ下さい。
P2277480.jpg
1.1.0アルマジロトカゲ Cordylus cataphractus WC
P2227414_20160312011906b07.jpg
1.3.0ロージーボア Dome Rock Mountains Lichanura trivirgata USCB
P2227419.jpg
2.2.0 ロージーボア San Gabriel Mountains USCB
CITESが下りにくいのであれば、自ら繁殖に挑戦しようと思い、上記の2012CBをキープしています。

カメは流通量が少なくなっている様に感じており、私自身が熱くなる種類がなかなか手に入らないです。

3月は久々に、私の好きなあのカメが来る予定です。あと、オーストラリアのトカゲも。

クサガメ 喜界島産

クサガメ 喜界島産 Chinemys reevesii Kikaijima Island locality

ウチにも1頭います。
オス 甲長118mm
PB204581.jpg
PB204589.jpg
PB204579.jpg
PB204591.jpg
PB204572.jpg

サブアダルトサイズのためか、頭のサイズは今のところ普通に思います。
喜界島には元々生息しておらず、移入種とのこと。

久しぶりに普通のクサガメをキープしたのですが、可愛くてエサを沢山与えていたら、成長線が出てきました。

ヒラオリクガメ

今年はブラックアウト神戸 4/19 に始まり
九州レプタイルフェスタ 6/7
ブラックアウト東京 6/14
レプタイルズフィーバー 7/4-5
ブラックアウト京都 7/26
ジャパンレプタイルズショー8/1-2
ブラックアウト埼玉 8/23
ブラックアウト神戸 9/6
名古屋レプタイルズワールド9/19-20
ぶりくら市 10/18
九州レプタイルフェスタ オータム 10/25

と、沢山のショーに出展させて頂きました。
お買い上げ頂いたお客様、誠にありがとうございました。

これだけ出ると、中には何をしに行ったのか分からないショーもあります(苦笑)

PA314281.jpg
国際希少野生動物登録票 030-006279
PA314302.jpg
国際希少野生動物登録票 030-006271
PA314297.jpg
PA314299.jpg
PA314305.jpg

ワシントン条約(CITES)にはソースコードというものがあります。
日本ではⅠ種の場合に限っては、販売目的(商取引)で輸入するためには、
ソースD(ワシントン条約事務局に登録されている繁殖施設において商業的目的で繁殖させた附属書Ⅰの動物又は植物及びそれらの部分並びに派生物 )でないと動物園等の学術目的・共同保護計画目的以外では、輸入が認められていません。

現地の繁殖施設が、ワシントン条約事務局に認可されていなければいけないということです。

フィジーイグアナ・サイイグアナ等、CITESⅠの動物は海外で沢山殖やされており、
輸出許可証の発行も出来るのですが、輸入されていない種類の、ほぼ100%ソースコードがD以外である為、
経済産業省の承認が下りません。

日本以外の多くの国は、ソースD以外でも合法的に輸出入や商取引が出来るため、ブリーダーはわざわざお金と時間を使って、
繁殖施設をCITES事務局に登録してくれない(出来ない?)です。

ということで、ヒラオリクガメ Pyxis planicauda
産卵数も少なく、海外でも繁殖施設という程の規模では殖やされていないでしょうから、
新たに輸入される可能性は、まず無いと思います。
条約適用前に輸入された個体か、それを原資に使ったCB個体しか、出回りません。

と、長々と書きましたが、黒目が凄く可愛くて、かなり気にいっています。
国内での飼い込み個体だけあって状態がよく、首を上に持ち上げる様が、また可愛いです。

今年の残りのイベント出展は
ブラックアウト大阪 11/8
とんぶり市 11/15
東京レプタイルズワールド ウインター 12/5-6

となっております。宜しくお願いいたします。

新入荷

クリーパーのオーストラリア旅行記もようやく終わりましたが、キタネルソンの繁殖記事は書き始めることも出来ず・・・。
最近、色々輸入しました。

ヒガシヘルマンリクガメ マケドニア産 甲長10~13cmサイズ
PA043626.jpg
PA053747.jpg
春先に輸入すると一冬越した丈夫なベビーが来るのですが、この時期はハッチリングベビーの場合が殆どで、
甲羅が柔らかかったりするため、個人的にあまり扱いたくありません。
その為今回は性別が(ほぼ)分かる大きめサイズを入れました。

PA053732.jpg
パターンレス
セレクティブブリードではなく混ざり抜きですが、このタイプは本当に少ないです。
今まで3頭だけ扱いました。

PA053812.jpg
こちらも大好きなチャコリクガメ。ガラパゴスゾウガメの近縁種というだけで、熱くなります。
アルゼンチンCBなのですが、甲羅に油性マジックで番号が書かれています(笑)

あとは自家採集便
P9153046.jpg
一部で大人気の、沖縄本島産 アマビコヤスデSP

最近のマイブームは沖縄です(笑)

ブログの非公開コメントでのお問い合わせが増えております。
ブログを書く頻度でしかログインしていませんので(まとめ書きも多いですので、月2回程度)、
どうしても見るのが遅くなってしまいます。

生体に対してのご質問は
http://usankusays.cart.fc2.com/
のお問い合わせフォームか、お急ぎの場合は電話にてお願いいたします。

<<PrevPageTopNext>>

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (29)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。