ヒラオリクガメ

今年はブラックアウト神戸 4/19 に始まり
九州レプタイルフェスタ 6/7
ブラックアウト東京 6/14
レプタイルズフィーバー 7/4-5
ブラックアウト京都 7/26
ジャパンレプタイルズショー8/1-2
ブラックアウト埼玉 8/23
ブラックアウト神戸 9/6
名古屋レプタイルズワールド9/19-20
ぶりくら市 10/18
九州レプタイルフェスタ オータム 10/25

と、沢山のショーに出展させて頂きました。
お買い上げ頂いたお客様、誠にありがとうございました。

これだけ出ると、中には何をしに行ったのか分からないショーもあります(苦笑)

PA314281.jpg
国際希少野生動物登録票 030-006279
PA314302.jpg
国際希少野生動物登録票 030-006271
PA314297.jpg
PA314299.jpg
PA314305.jpg

ワシントン条約(CITES)にはソースコードというものがあります。
日本ではⅠ種の場合に限っては、販売目的(商取引)で輸入するためには、
ソースD(ワシントン条約事務局に登録されている繁殖施設において商業的目的で繁殖させた附属書Ⅰの動物又は植物及びそれらの部分並びに派生物 )でないと動物園等の学術目的・共同保護計画目的以外では、輸入が認められていません。

現地の繁殖施設が、ワシントン条約事務局に認可されていなければいけないということです。

フィジーイグアナ・サイイグアナ等、CITESⅠの動物は海外で沢山殖やされており、
輸出許可証の発行も出来るのですが、輸入されていない種類の、ほぼ100%ソースコードがD以外である為、
経済産業省の承認が下りません。

日本以外の多くの国は、ソースD以外でも合法的に輸出入や商取引が出来るため、ブリーダーはわざわざお金と時間を使って、
繁殖施設をCITES事務局に登録してくれない(出来ない?)です。

ということで、ヒラオリクガメ Pyxis planicauda
産卵数も少なく、海外でも繁殖施設という程の規模では殖やされていないでしょうから、
新たに輸入される可能性は、まず無いと思います。
条約適用前に輸入された個体か、それを原資に使ったCB個体しか、出回りません。

と、長々と書きましたが、黒目が凄く可愛くて、かなり気にいっています。
国内での飼い込み個体だけあって状態がよく、首を上に持ち上げる様が、また可愛いです。

今年の残りのイベント出展は
ブラックアウト大阪 11/8
とんぶり市 11/15
東京レプタイルズワールド ウインター 12/5-6

となっております。宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

とんぶり市2015 出展のお知らせPageTopクリーパー74号

Comment

はじめましてヒラオリクガメすごく興味あるのですが、販売用でしょうか?ブラックアウトに出品はされますか?

初めまして。ヒラオはしばらく、ペットで飼育します。よって、明日は連れて行かないです。
尚、次回以降は生体の販売に対してのご質問は
http://usankusays.cart.fc2.com/
のお問い合わせフォームか、お急ぎの場合は電話にてお願いいたします。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://americanboxturtle.blog43.fc2.com/tb.php/568-37d77f91

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (1)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (27)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター