スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとか今年は

なんとなく産みそうな顔?してたので、産卵ケースに。

今年こそは、産卵の瞬間をデジカメで撮影したいと思います。

P1000363.jpg

P1000365.jpg

わざわざ衣装ケースの短面で掘らなくても、、、ですよね(笑)
スポンサーサイト

ありえない、、、PageTopHBM2008 出展します

Comment

おお~
軌道に乗ってきましたね。
無事産むかっていうスリルもなんともいえませんよね(笑

すげー
窮屈そー(笑)。
無事の産卵を祈ります。


>Kazuさん

やはり一度産むと、次からはすんなりですよね。
kazuさんとこのブログ、送信の際に入力する文字?が、
難し過ぎです。
今日は断念しました。

>どようさん
やはり窮屈だった様で、穴掘りを止め、
場所を移動して産みました。
が、肝心な撮影シーンが、、、

うちのマッコ♀もここ数日陸で穴を掘りかけてはやめを繰り返してます。かなり長時間陸にいますが、産んでません。
で食欲はいつも通り、大丈夫なのか?

掘って止め続けるのは、あまりいい兆候ではないかもですね。

足の裏に当たる土の感触が、
気に入らないのではないでしょうか?
湿度が足りないとか!?

無事に生まれることを、祈ってます。

ちなみにパーカーも、去年は拒食してましたが、
今年はちょこっと食いが悪いかな~って程度でした。
産卵することに慣れてくると、そんなものなのかもですね。

床材の湿度!温度か湿度かどっちかなとは思ってましたが、やはりですか。さっそく少し湿らしてみます。
でもこのコは春に一度この状態でちゃんと産んだんですけどねー。でも、そのときは知らない間にさっと産んでました。

>湿度

あくまで、仮想、原因の一つかもってことですよ!

本人も内臓なんかが圧迫されてるでしょうし、
産めるものなら早く産みたいのでは?
って、人間的な感情に置き換えて、、、の仮想です。

産まないのには、産みたくない何か問題がある気がします。
陸地にスポットを当てるとか?

何度も産んでる個体でしたら、卵詰まりもまず無いでしょうし、
気長に待つしかないかもですが、、。

ちなみに今回のパーカー、産卵ケースに入れて、
2~3分で穴を掘り始めました。
よっぽど、産みたかったのでしょうね。

産みました!
助言どおり昨夜陸場に水をまいたら、その後はなんだかあんまり気乗りしなさそうで失敗かなと思っていたのですが、今日かえってみるとおなかがペッコリ「これは!」と思い掘ってみると、ありました!
いつもよりちょっと少ない6個回収できました。
孵卵に自身がないので定評のあるにたごろう王国王立孵卵器に入れてきましたー。乞うご期待。

良かったですね!

100%湿度だけってことも(放っておいても、その日に産んでたかも?)
ないかもですが、足の裏の感覚?って、結構敏感の様に思えます。

邪魔なものを早く体内から放出する訳でなく、
我慢してでも、少しでも条件のいいところに産もうとするのは、
母性(というか本能?)ですかね。

期待してますよ!

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://americanboxturtle.blog43.fc2.com/tb.php/53-c5d14623

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (29)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。