スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドベンチャーワールド

12月初旬、一泊二日の和歌山旅行に行ってきました。
前日はクエ鍋や海鮮を食べて、月食を見ました。
RIMG4803.jpg


翌日、アドベンチャーワールドへ。
前回訪問時はこちら

RIMG4832.jpg
本当にペンギンのコレクションはもの凄いですね。

今迄何度か行きましたが、ペンギン王国という棟があることを知りませんでした。
ここ以外の3~4ヶ所のケージに、沢山のオウサマ(キング)ペンギンが居ました。
他種(イワトビ・ジェンツー)とは、石の部分と人工芝の部分で棲み分けしているのかと思いましたが、どうなのでしょう?

RIMG4829.jpg
この密度の同じケージで、ジェンツーペンギンとイワトビペンギンが子育てをしていました。
この場所で抱卵・孵化・育児しているその図太さが、凄いと思いました。

RIMG4820.jpg
嘴を掴んでガラスを掃除する、飼育員さん。右がヒナ。

RIMG4890.jpg
コウテイ(エンペラー)とアデリーとヒゲペンギンのケージ

RIMG4877.jpg
エンペラーペンギン

RIMG4901.jpg
ヒゲペンギンと、アデリーペンギン。同じケージで抱卵している個体も居ました。

RIMG4924.jpg
今回一番見たかった、訪問時には生後50日程度だったコウテイペンギンのヒナ。
人工飼育されてました。
希少種ですし、産んだらすぐに、卵を取り上げちゃうのでしょうか?


RIMG4857.jpg
5キロ強とのことでした。
かなりの癒し系です。

RIMG4889.jpg
ホッキョクグマ。右が人工飼育で育てられた、一昨年生まれの子供。
親のケージを2分割し、展示されていました。
狭くて可哀想な気も。

RIMG4849.jpg
出演頭数の多い、イルカ・クジラショー。
公営の水族館のショーと比べて、かなり洗練されている様に思います。

RIMG4847.jpg
オキゴンドウ

RIMG4968.jpg
前泊だったこともあり開園20分前から並んだのですが、
同行者が行きたがっていたパンダバックヤードツアーのチケットも取ることが出来ました。
先着30名(くらい)、別途2000円が必要です。

RIMG4949.jpg
パンダに檻越しとはいえ1メートルくらいに近づけたり、
エサを与えることが出来たりと、特にパンダに興味がなくても嬉しかったです。
夏季や祝日は数時間前から並ばないと、チケットが取れないのだそうです。

RIMG5020.jpg
昨年生まれの2頭も、凄く大きくなっていました。

RIMG5024.jpg
中国以外では、意外と?見れないのですね。

RIMG4991.jpg
ケープペンギン

RIMG4986.jpg
別のケージでは繁殖していました。

RIMG4992.jpg
寒い日だったので、固まって暖を取っているワオキツネザル

RIMG4997.jpg
この一年で出来たらしい、鳥の楽園という名の温室

RIMG5000.jpg
アルダブラゾウガメとオニオオハシ
爬虫類ももう少し充実してくれると、もっと楽しいのですが。

RIMG5016.jpg
相変わらず同じ行動を繰り返している、コビトカバ

RIMG4813.jpg
入り口付近にいるアジアゾウ
お客を乗せて歩く時以外は、繋がれている様です。

RIMG5029.jpg
サファリにいるアフリカゾウは♀が3頭

RIMG5044.jpg
今年生まれたらしい、マレーバク

RIMG5051.jpg
今年導入されたらしいゴールデンターキン

RIMG5079.jpg
シロサイ

RIMG5068.jpg
クロサイの♂
最近、BLで♀が来たそうです。

ショーがあったりイベントがあったりと動物園ではなくテーマパークって感じで、
一人のお客としては凄く楽しめます。
また行きたいと思います。
スポンサーサイト

コシヒロカエルガメとパーカーナガクビガメの卵の現在PageTop広島市安佐動物園

Comment

うちの ガキンチョが産まれた日ですかね(*^_^*)

残念ながら こちらでは 曇ってて見れませんでしたが。(^_^;)

アクティブによく出かけられますね~~(^_^;)すごいですね~

アルダは 変な甲羅してますね やっぱ紫外線量が 必要なんでしょうね~(^_^;) 難しいそう

こんばんは

和歌山も曇ってたのですが、何とか雲の切れ間から見えました。

趣味が旅行ですので、最低2ヶ月に一回は旅行に行ってます。
他の土地に行くことが好きです。

ゾウガメ、ひどいですね。
幼体時のエサや飼育環境かもです。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://americanboxturtle.blog43.fc2.com/tb.php/320-3b03648d

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (29)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。