スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コシヒロカエルガメ 2011年秋~冬

バタバタしてて、間が空いてしまいました。

ベランダのタブで飼ってたコシヒロカエルガメ
♂は10月中旬に取り入れていたのですが、最低気温が15℃を下回っていることもあり、
なんとなく昨夜、♀個体も屋内に取り込みました。

RIMG4150.jpg
可哀想ですが狭い衣装ケースで2頭、春まで室内無加温飼育です。
冬眠は出来ないので、中途半端な温度でダラダラ過ごさせます。

RIMG4184.jpg
頭部は日に焼けてか黒くなったり、模様が出たりを繰り返しております。
現在はスポット状の模様が出ています。

RIMG3631.jpg
RIMG4143.jpg

9月23日に産んだ卵は、初期で発生停止しております。
卵黄が沈んでいることが、お分かり頂けるかと。

現在冷却中で、保温するまでもう少し待ってるとこです。

RIMG4181.jpg
触診したところ、分2クラ目を持ってます。
アカンソケリスもそう思いますが、寒くなる直前に産むって、どういうメカニズムなのでしょう。
体力を奪われたまま冬になるって、体には相当な負担がかかりそうですよね。
スポンサーサイト

マッコードナガクビガメ ♀PageTopとんぶり市 2011 レポート

Comment

コシヒロカエルも無加温でいけるんですね。
あたまの模様とイボっぽい皮膚の感じがすごいですね!

確かに冬前に産卵って自殺行為意に感じますね(´Д`;)
しかも冬眠っていうよりもクーリングっていうくらいの
温度域に生息してるんですよね?
中途半端な温度が一番消耗しそうに感じますよね;

「室内」無加温です、念の為。
秋が深まっても屋外で飼育してた某氏の個体は、死んだそうです。

カッコいいのですが、最近この類はあまり人気が無いのが、残念です;

この産卵シーズン、よく分かりませんよね。
体内時計が狂ってるだけなのか、現地でもこうなのか!?

コシヒロも「掴んだ」んですね!
さすが。
ところで、例の計画そろそろ準備をすすめようと思っております。
また連絡します。

こんばんは

今回殖えれば、掴めるとは思うのですが、
保温するタイミングが手探りです。
昨年と同じくらいの、12月になって暖めようと思ってます。

例の件、僕も日程的に無理かもです;

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://americanboxturtle.blog43.fc2.com/tb.php/310-23a50f95

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (29)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。