そのこ

ODBTの「そのこ」

11月中旬に陸場を支えるレンガで怪我をさせてしまい、背甲の2箇所を1cm四方、剥離させてしまいました。

P1060286.jpg

12月中旬には↑まで剥離が広がってしまっていました・・・。
♂が交尾の際に手を掛けるので、そのせいもあったのかもです。

P1060583.jpg

これはヤバイとポピドンヨードで消毒→強制乾燥したり、
抗生物質の軟膏を塗ったりと素人療法をしておりましたが、
浮いてる表皮をペラペラと剥がした結果、1月中旬には↑まで剥離が広がってしまってました。
怪我した甲羅と別なとこまで、剥離してしまい・・・。
熱が痛いのか?スポットが点いている間はバスキングせず、
消えてから陸に上がる様になっていました。

心配ですし、飼育者の精神衛生上もよくないので先日、
信頼する岡山県の動物病院に連れて行ってきました。


結果、ピンクの部分は内出血しているものの、別に大丈夫、
高温飼育して代謝を高める様にとのことでした。

ついでに♀に噛まれ過ぎて背甲の後縁が潰瘍化し、素人療法で治療していた♂も診て頂きましたが、
こちらも快方傾向にあり、大丈夫とのことでした。

一応は、安心出来そうです。

約10年前、実家にて飼育していたトウブハコを5メートル程の落下事故に遭わせてしまい、
甲羅がパックリ割れてしまいました。

電話で聞いてよく状態が分からないし、当時熊本に住んでいた自身が帰宅するまでの間に、
母が動物園で教えて貰った、県で唯一爬虫類が診れるという動物病院へ連れて行ってくれました。

3・5万という治療費にも驚きましたが、
割れた甲羅と甲羅の骨の部分をアロンアルファでくっつけてたそうですが、
それが溢れた血で取れてしまってて、中身が見えていました。
その状態で、生存は五分五分と言われたそうです。

診れないのなら、診れるなんて言わないで欲しいものです。

情報の少なかった当時でも、「カメの本」で甲羅の大きな割れでも治療出来るとあっていた為、
その本に書いてあった動物病院のリストから岡山県の動物病院を探し、お世話になった次第です。
ただアロンアルファが阻害物質となったらしく、甲羅と甲羅が元通りにはくっつきませんでした。
でも、今でも生きてるのでいいんです。

2006_0717画像0050
(↑今でも2ヶ所、ボルトが付いています)

近畿地方にも腕のいい獣医さんはおられるのでしょうし、
獣医学も昔より遥かに進歩・浸透しているのでしょうが、僕が行かない理由がこれです。

余談ですが前記の獣医さん、40代で脳卒中で突然死されたという、ブラックな話も。
スポンサーサイト

バレンタインPageTopライマンナガクビ 産卵

Comment

おはようございます!!

 ボルトトウブの話、泣けますねぇ。&そうやって、信頼のおける獣医さん、ヨイですねぇ。

 私は、素人療法で、アッサムのシェルロッドと戦っていますが・・・・・
 そろそろ、レントゲン撮った方がヨイかなぁ。。。。。

アロンアルファは無いだろ・・・(笑
そのこの甲羅は治りそうで良かったね。やっぱこの手のは外部要因のものだから時間掛かってもちゃんと治るんですねぇ。(蘭丸さん・・・シェルロットは内部要因だから、そっちの方が心配っす)


オブさんが調子崩した時に、良い獣医さんが近くにいればねぇ・・・ボクももっと早く連れてったのになぁと思う。

そーいえば、ビバガにあの写真使われたね・・・(汗

>蘭丸さん

前述の獣医さんは、「診れる」ではなく、
「見れる」だったのかもですが(笑)

シェルロットになると、とにかく除去するしかないですもんね。
除去したとこが穴になって、飼育者も気持ちが凹みますよね。

>どようさん
ヒビとかもっと軽度な怪我でしたら、アロンアルファもアリだそうですよ。
但し、表面から塗らなきゃだそうです。
この子の場合は重度で、しかも骨と骨の間に塗られてたので、
その後の治癒に邪魔でしかなかったみたいです。

ヒトでも小さな切り傷でしたら、アロンアルファを付けると早く治りますよ!

まだビバガ、買っていません。。
あの写真!?






Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://americanboxturtle.blog43.fc2.com/tb.php/157-2d06a0ec

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (29)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター