クリーパー72号

main72.jpg
クリーパー72号 発売されました。

今号には、なかなか書く気が起こらず、1年越しでようやく出稿したガラパゴスの旅行記を寄稿しております。

次号は今年行ったオーストラリアの予定ですが・・・まだ書き始めてもいません。
スポンサーサイト

ニシキダイヤモンドガメ WC そのこ 産卵

ニシキダイヤモンドガメ(オルナータダイヤモンドバックテラピン) 
Malaclemys terrapin macrospilota
そのこ
090.jpg
P3010197.jpg
2013年10月に1クラッチを産んだ後、産卵が止まっていました。
P3010200.jpg
2015年2月28日~3月8日にかけて、水中産卵で10個産卵しました。
1個食卵・5個無精卵・1個発生停止と相変わらずよくは無いですが、発生が進んでいる卵は現在3個です。

受精率はさておき、卵を産むのを再開したということは、今の環境に慣れてくれたのだと思っています。

008_20150329215501ddf.jpg

久し振りに白い顔のベビーを見たいと願っています。

パーカーナガクビガメ ♀1 産卵

パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri ♀1(長く飼っている方)が産卵しました。
2015年3月28日
081_20150329214000129.jpg
083.jpg
084.jpg
085_20150329213958cbb.jpg
11個でした。
有精卵だといいのですが・・・。

追記
結果、今回も全て無精卵でした。
まだ♂が若いので、新たな♂を導入した方がいいかもしれません。。

カンムリカエルガメ

カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma ♀ 甲長24cm

昨年12月に購入しました。
カエルガメの属名がPhrynops (Batrachemys) →Mesoclemmysに変わってるみたいですね。

P3010227.jpg
P3010228.jpg
P3010231.jpg
巨頭です。そして、大きくなっても、「冠」は残る様です。

本種は熱帯魚のルートで輸入されてたのかもしれませんが、
ここ数年は全く輸入されていませんでした。
以前より気になっていたのですが、まさか日本で買えるとは思いませんでした。

知人がオスをお持ちですので、もう少し暖かくなったら、種をつけて頂こうと思っています。

グナレンナガクビガメ 産卵

2015年3月12日 グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleniが産卵しました。

産卵風景を撮影してみました。
P3120362.jpg
150.jpg
151_20150321221734d0d.jpg
157.jpg

P3120365_20150321221733362.jpg
卵を回収する時間を短縮するため、産卵が終わったところで♀を動かしました。
P3120366.jpg
158_2015032122194823e.jpg
今回は7個で、全て有精卵でした。
♀は動かされた場所の土を踏み固めています。

ついでに2014CB
P3010147.jpg
P3010151.jpg
小さくて可愛くていいカメなのですが、人気は今ひとつなのが寂しい限りです。

マッコードナガクビガメ 産卵

マッコードナガクビガメ Chelodina mccordiが1クラッチ目を産卵しました。
2015年3月11日
139.jpg

140_20150315225156032.jpg

141.jpg
正常な卵12個と、出来損ないの小さい卵を3個産みました。

新入荷

EU便が入荷しました。
トーマストゲオアガマ 2013&2014CB
P3070312.jpg
P3070321.jpg

ついでに昨年末から今年にかけての輸入種も。
149.jpg
ブチハラヘビクビガメ 2014EUCB

136.jpg
カロリナDBT 2014CB

5月に開催されます、東京レプタイルズワールド2015に出展させて頂くことにしました。

これから色々と探して、集めていこうと思っています。

ノコヘリカブトガメ 2014CB

前回からまだ一ヶ月も経過していないですが、載せてみます。

チェコCB 甲長117mm(2015年3月1日)
P3010172.jpg
P3010174.jpg
20日で5㎜成長しました。特別無斑に近い個体を選んでマイコレにしましたが、
そのまま成長してくれています。

ドイツCB 甲長97㎜
P3010167.jpg
P3010165.jpg
P3010163.jpg
こちらは20日で9㎜成長しました。
成長線から、放射模様が出てきました。
この血統は2便で計7頭来ましたが、他の個体がどうなったか、興味が出てきました。

数年前に輸入したものの、マイコレ分の一頭を殺してしまったアメリカCB
頸の突起の違い云々は、個人的には全く気付きませんでしたが、
分布の広いラティスですので、こちらも違った表現形になるのかもしれませんね。

オーストラリアナガクビガメ CB達

将来の種親候補のオーストラリアナガクビガメ。
前回の掲載より一年経過したので撮影してみました。
相変わらずどの個体も配合飼料に餌付いて(面倒なので餌付けて?)いないため、
週2~3回の給餌。お陰で成長は遅いです。

P3010143.jpg

2012EUCB
P3010131.jpg
脱皮直後でツルツルです。甲長90mm 
この個体は項甲板がありません。

2013EUCB
P3010135.jpg
少し潰瘍が出来ていますが、元気です。甲長78mm

2013EUCB
P3010137.jpg
成長が遅れていたので、ここ数ヶ月は、上記2個体とは分けて飼育しています。
甲長75㎜

2014国内CB

昨年、アダルトオスをブリーディングローンに出した際に、子返しとして頂いた個体。
P3010139.jpg
赤虫しか食べませんが成長が早く、甲長74㎜になりました。

P3010145.jpg
腹甲。
親由来なのか個体差の範疇なのか分かりませんが、腹甲の黒い面積に差があります。

トウブハコガメ 2014CB

トウブハコガメ2014自家CB 
P3010190.jpg

WC♂×WC♀の子なのか、WC♂×2003自家CB♀の子なのか分からなくなってしまいましたが、
いずれにしろ持っていない血統なので、1頭だけ育てています。

P3010185.jpg
赤みが強い顔をしています。

P3010177.jpg

冬になるとトウブハコのCBの在庫のお問い合わせを多く頂きますが、孵化は秋の為、
現在は既に残っていない状況です。
申し訳ありません。。

今年9月頃より今年のベビーが生まれる予定ですので、もう半年程お待ち下さい。

PageTop

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (28)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター