ノコヘリカブトガメ 2011CB

過去の記録

個体B
R0012597.jpg
R0012611.jpg
130㎜弱になりました。

R0012595.jpg
R0012609.jpg
来た当初と比べても「兜」が発達していることがよく分かります。

R0012603.jpg
腹甲

R0012605.jpg
オスで、間違いないと思います。

R0012627.jpg
R0012628.jpg
個体A

R0012635.jpg
甲長173㎜と、また一回り大きくなりました。
来たときと比べても、凄く成長しています。
甲羅の状態もいい感じです。

R0012629.jpg

R0012617.jpg
腹甲

R0012615.jpg
性別は上記個体Bと比較してもそうですが、もう♀でいいと思います。

本当にいいカメです。

ということで、ペアが揃っちゃいました。
何年か後に、殖えるといいのですが・・・
スポンサーサイト

上野動物園

とんぶり市の翌日、旅の恥はかき捨てということで、一人で上野動物園に行きました。
多分、15~6年振りだと思います。

R0011508.jpg
祝日ということもあり家族連れやカップルばかりでした。
券売機でチケットを買うまでに、20分くらいかかりました。

R0011541.jpg
ゴリラの一家

R0011535.jpg
昨年生まれのゴリラの子供、コモモ

R0011550.jpg
凄い数の人が見ている中で突然行われた交尾

R0011555.jpg
インドライオン
少し小さいライオン。初めて見ました。

R0011567.jpg
ハシビロコウ

R0011579.jpg
コビトカバ。
昔からこうなのでしょうが、水場がこのくらいでも、大丈夫なんですね。

R0011588.jpg
水深の深いバージョンの放飼場も

R0011590.jpg
クロサイ

R0011604.jpg
両生・爬虫類館 ビバリウム
以前来たときは、まだ出来ていませんでした。

R0011626.jpg
マレーガビアルの亜成体

R0011627.jpg
セイロンヤマガメとありましたが、模様も無いし違う気がしました。
ビルマヤマガメでしょうか?
ビルマメダマ(モレニア)ガメも一緒に展示されていました。

R0011642.jpg
ガラパゴスゾウガメの♂

R0011652.jpg
岩を相手にマウントしていました。

R0011660_20121123140727.jpg
一番見たかったアイアイ。
暗くて撮影は出来ませんでした。

R0011695.jpg

同じくマダガスカル産で上野にしか居ないハイイロジェントルキツネザル

R0011679.jpg
同フォッサ
マダガスカル唯一の肉食獣

R0011673.jpg
初めて見ましたが、長い尻尾が印象的でした。

R0011698.jpg
オカピ
世界三大珍獣が揃っているのは、日本では上野だけです。

予定時間を遥かに越え、3時間半程滞在しましたが、それでも足りませんでした。
本園の展示種500種というのは、東山についで日本で2番目だそうです。

また是非、行きたいと思います。

神戸市王子動物園

9月に散歩がてら、行ってきました。

RIMG9719.jpg
フラミンゴのヒナ。
この姿が何だか新鮮でしたので、撮影。

RIMG9726.jpg
ボブキャット

RIMG9731.jpg
ペアリング中だった、ホッキョクグマ

RIMG9745.jpg
人工飼育されているオランウータン

RIMG9762.jpg
飼育員の方に恋するメスのゴリラと

RIMG9767.jpg
RIMG9772.jpg
それに怒るオスゴリラ。
テレビ局の取材中でした。

RIMG9779.jpg
まだ可愛いサイズのヨウスコウワニ

RIMG9788.jpg
スローロリス
ジャワでしょうか。

RIMG9793.jpg
RIMG9794.jpg
マッコードはニューギニア表記、クリイロハコヨコはクロハコヨコと。
トラみたいな稀少動物ではわざわざ亜種名で表記するにも関わらず、
爬虫類に対しては未だ無頓着な園館が多い気がします。

RIMG9783.jpg
老成個体。
シロミミガメとか、聞いたことのない名前が書いてありました。
何でしょうね?ホオジロクロガメ?

ちなみにその種名でネット検索すると、本園のHPしか引っかかりませんでした(笑)

アドベンチャーワールド

和歌山と言えばの、アドベンチャーワールドに行きました。
前夜は温泉宿に素泊まりし、イタリアンを食べに行くというのがここ数年のパターンです。

R0010240.jpg
レッサーパンダの老成個体

R0010266.jpg
ジャイアントパンダ

R0010281.jpg
30分並んで見れたジャイアントパンダの親子
訪問時で、生後1ヶ月強でした。

R0010283.jpg
イワトビペンギン

R0010287.jpg
コウテイペンギン・アデリーペンギン・ヒゲペンギン
相変わらずペンギンの種類・頭数共に凄すぎます。

R0010325.jpg
サファリのライオン。

一度タテガミオオカミを見たいと思っていますが、今回も叶いませんでした。

R0010354.jpg
アジアスイギュウ

R0010358.jpg
ゴールデンターキン

R0010362.jpg
マレーバク

R0010378.jpg
クロサイ

R0010386.jpg
ミナミシロサイは皆、寝ていました。

R0010395.jpg
アキシスジカ

R0010402.jpg
マリンライブのオキゴンドウのジャンプ

R0010431.jpg
雨宿りしているマーラ

R0010440.jpg
相変わらず凄い甲羅のアルダブラゾウガメ

R0010453.jpg
ハクトウワシ

R0010461.jpg
コビトカバ

R0010470.jpg
と、その置物

R0010482.jpg
サーバルキャットのCB

R0010503.jpg
凄い数のキングペンギン

R0010506.jpg
ペンギンのコレクション

R0010510.jpg
泳ぐホッキョクグマのCB

私立なので商業施設感は満載ですが、個人的にはそれも含めて好きです。
年に一回は行きたくなる場所です。

すさみ町立 エビとカニの水族館

R0010141.jpg
すさみ町立エビとカニの水族館
http://www.aikis.or.jp/~ebikani/

午前中にくじらの博物館、帰りにウミガメ公園に行き、白浜までの移動中に間に合い、
寄りました。

R0010154.jpg
R0010160.jpg
館内
当たり前ですが、エビとカニばかりでした。

R0010150.jpg
小型のセミエビ、ヒメセミエビ

R0010151.jpg
個人的に全く詳しくない為、それぞれの写真に続いて、ネームプレートも撮影しておきました。
学名や分布くらいは入れて欲しい気がしました。

R0010148.jpg
ウミザリガニ

R0010155.jpg
ヒシガ二

R0010164.jpg
ニシキエビとニセゴイシウツボ

R0010189.jpg
モンハナシャコ

R0010190.jpg
スベスベマンジュウガ二

R0010203.jpg
小笠原・母島漁協より寄贈されたという、アオウミガメ

ペット雑誌に連載されている館長のコラムを、楽しく読んでいます。

しかしながらそれとは関係なく、エビ・カニマニア以外の一般人は、一回行けば満足すると思います。

R0010219.jpg
台風が接近しており、目の前の海は大荒れでした。

紀宝町ウミガメ公園

R0010085.jpg
紀宝町ウミガメ公園
http://www.town.kiho.mie.jp/umigame/

くじらの博物館の帰りに、行きました。

R0010084.jpg
道の駅の中にある施設で、無料です。

R0010092.jpg
光が反射して微妙な画像ですが、藻の生えたカメ
小さいケージに一頭で入っていました。

R0010100.jpg
大きい水槽

R0010114.jpg
R0010115.jpg
触れ合いコーナーのアカウミガメ

R0010110.jpg
オサガメの剥製
紀宝町の地引き網に入ってた個体だそうです。

R0010130.jpg
アカウミガメが産卵に来る海岸。

砂礫海岸ということに驚きました。

くじらの博物館

かなり画像が貯まっていますので、暫く続きます。

RIMG9901.jpg
太地町立くじらの博物館
2010年に目の前まで行ったのですが
時間もなく、シャチが居ないと知って入りませんでした。

しかしながら入らなかったことが心残りだった為、今年9月に再訪しました。

RIMG9903.jpg
入り江を囲ってケージにしていました。

RIMG9915.jpg
イルカショーは驚く程小さなプールで開催されていました。
カマイルカ

R0010020.jpg
RIMG9917.jpg
バンドウイルカ

RIMG9927.jpg
ショーの後のイルカタッチ

RIMG9978.jpg
クジラショーのオキゴンドウ

R0010024.jpg
クジラやイルカがキープされている生簀

R0010027.jpg
RIMG9955.jpg
ハナゴンドウ
模様に見えるのは、引っかき傷なのだそうです。
初めて知りました。

R0010052.jpg
コビレゴンドウ

R0010050.jpg
オキゴンドウとバンドウイルカ

R0010041.jpg
体当たりしているところ

RIMG9979.jpg
イルカの屋内展示場 マリナリュウム

RIMG9984.jpg
R0010012.jpg
腹ビレのある不思議なイルカ

R0010013.jpg
腹ビレには骨もあるそうです。

R0010062.jpg
博物館の方の目の標本

R0010066.jpg
同、胎児の標本

R0010078.jpg
最後はクジラ丼で締めました。

オーブリーフタスッポン

R0011186.jpg

飼育は難しいというイメージを持っていた本種。

現地で飼い込まれた個体であることと、飼育経験豊富な方のアドバイスのお陰様で、
大変元気にしております。
とにかく、水換え時が要注意みたいです。
(一晩にして、全身皮膚病になったこともありました)

R0011182.jpg
当初よりピンセットからは勿論

R0012133.jpg
手からも餌を取ります。
吸い付く感じが面白いです。

R0011195.jpg
砂に潜ることが好きな様で・・・

R0011198.jpg
R0011200.jpg
R0012038.jpg
昼間は砂の中に潜っています。

R0011996.jpg
R0012001.jpg
「フタ」スッポンである所以。

個人的にスッポンにはあまり興味はありませんでしたが、本種はいいです。
この口で、野生下では何を食べているのでしょうね。

心残りはありますが、あと1週間程でお別れとなります。

PageTop

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (28)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター