ライマンナガクビガメの産卵

3月28日、1クラッチ目に続いて、甲長175㎜のメス個体が2クラッチ目を産卵しました。
この個体は、触診してもイマイチ分からないですし、特に暴れたりすることもないのですが、
ぴたりと餌食いが止まるので産卵したいことが分かります。

RIMG6239.jpg
小さな体で、かなり深いL時型の穴を掘ります。
垂直に立つ様な体勢で穴掘りしているところ

RIMG6243.jpg
産卵中の一枚

動画も撮影してみました。


産卵はかなり短時間で行われます。

RIMG6253.jpg
今回は綺麗な卵を9個産みました。

RIMG6262.jpg
RIMG6269.jpg
続いて3月30日に190㎜のメスも産卵しました。
脱皮が綺麗に出来てなくて、甲羅はボロいです。
この個体は触診で抱卵を確認出来てました。

RIMG6280.jpg
この深い穴と大きな体でどれだけ産むのだろうと思っていましたが・・・

RIMG6286.jpg
サイズの大きな卵を12個でした。

3年以上何も無かった個体達が、2頭共に産むなんて、驚きでした。
しっかり交尾出来る様な飼育環境に変更したことが、功を奏したのかもしれません。

産みすぎの様な気がしますが、初めての種類ですし嬉しい出来事でした。
スポンサーサイト

神戸花鳥園

室内で暖かいしと、約2年ぶりに神戸花鳥園に行ってきました。
前回はこちら
事業仕分けで一躍有名になった、次世代スーパーコンピュータがこの付近の理化学研究所にある為、
ポートライナーの駅名がいつの間にか「京コンピュータ前駅」に変わっていました。

RIMG5817.jpg
シロムネオオハシ

RIMG5827.jpg
オニオオハシ

RIMG5839.jpg
オオハシが沢山います。
しかし、オオハシの繁殖は難しいみたいですね。
何かあるのでしょうね。

RIMG5836.jpg
2月生まれのオウギバトのヒナ

RIMG5837.jpg
オオサイチョウの♂
♀は老衰で死んだとのことでした。

RIMG5857.jpg
エジプトハゲワシ
RIMG5863.jpg
野生下では石を使ってダチョウの卵を割るらしい種類。
黄色い顔がカッコいいです。

RIMG5866.jpg
コシジロハゲワシ

RIMG5809.jpg
ハクトウワシの幼鳥

RIMG5812.jpg
ワシミミズク
卵が有りましたが暖めてる感じもなく。
偽卵?

RIMG5872.jpg
ミルキーワシミミズク

RIMG5880.jpg
オオフクロウ

RIMG5796.jpg
繁殖期らしい、オシドリ

好きな人にはたまらないらしい花鳥園ですが、自身はあまり・・・。

パーカーナガクビガメ 2010CB 生後25ヶ月

前回までがこちら

いつの間にか生後2年を経過していたので、撮影してみました。

RIMG6221.jpg
645水槽でキンバリーアカミミ大とノコヘリカブト大と同居
(左に写ってるのがノコヘリ)
他種の兼ね合いもあって、蛍光灯タイプの紫外線灯を設置しています。

RIMG6209.jpg
この数ヶ月で薄かった体色は濃くなり、すっかり普通のパーカーナガクビになりました。
上記リンクの生後13ヶ月の頃に戻った感じです。

RIMG6236.jpg
RIMG6212.jpg
頭部~頸部にかけて、柄がびっしりと。

RIMG6187.jpg
四肢にも入っています。

RIMG6223.jpg
甲長は10.9cm。ゆっくりと成長しています。
脱皮しそうな甲羅にも、黒い模様が入りつつあります。

RIMG6197.jpg
性別は恐らく♀

RIMG6206.jpg
2年間強の体色の変化等、パーカーナガクビの魅力を再認識出来た個体です。

オルナータダイヤモンドバックテラピン 2010CB D 画像

パーカーナガクビ 孵化

RIMG5736.jpg
11年12月9日産卵分の、パーカーナガクビガメの1クラッチ目の孵化が始まりました。
まだ全体的に羊膜に包まれてまして、孵化ってよりは多湿が原因なのかで、
少し早めに割れちゃったのだと思います。

RIMG5741.jpg
半日経過して、ここまで吸収しましたが、それでもまだ血管が確認出来ます。

RIMG5742.jpg
腹甲側も、血管が目立ちます。

RIMG5759.jpg
肺呼吸が始まると、凄い勢いで羊膜が吸収されます。

11個産卵→全て発生→孵化は多分2頭だけです。

RIMG5662.jpg
孵化率が悪すぎですので、♀1と♀2の2クラ目の卵の孵卵床を、
試験的にハッチライトに変更してみました。
いい結果が出ると良いのですが・・・。

その後、孵化直前で死篭っていた3つの卵を開けてみると・・・

奇形でした。
死篭り個体の画像です。
苦手な方は下のリンク先を開かないで下さい。


続きを読む

マッコードナガクビガメ Pr

マッコードナガクビガメ

RIMG5567.jpg
RIMG5568.jpg
空いてる産卵ケースを使って、2頭揃って、気持ちよさそうにバスキング

RIMG5735.jpg

昨年11月に導入した♂個体。
甲長145mm 420g 

RIMG5659.jpg
RIMG5660.jpg

♀個体
昨年11月に甲羅の脱皮をしたばかりですが、最近、また脱皮が始まりました。
1シーズンに2回脱皮することもあるんですね。
状態が良いのだと思います。初めての経験でした。
ちなみに甲長180㎜と、11月末より5㎜程成長していました。
体重870g

RIMG5720.jpg

マッコは人馴れし易い種類みたいで、
環境に慣れた個体は警戒心も何もありません。
水棲種にも関わらず、人影に気付くと、陸上でも寄って来たりと可愛い種類です。
ただ今のところ産卵する気配も、触診しても、卵らしきものも確認出来ません。

PageTop

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (1)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (27)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター