オルナータダイヤモンドバックテラピン

RIMG5365.jpg
2009CB♂ 盛っていることが原因なのか、ここのところ、
綺麗なピンク色の頭になっています。

RIMG5390.jpg
RIMG5394.jpg
飼育環境。過去を振り返ると、室内の環境は3年くらい前を最後に、
撮影していませんでした。

コメント欄で詳細を記載しましたので、ついでにこちらにも転載し、記事にします。

潰瘍が出来て治療中のWC♂を隔離飼育していますので、現在は5頭を同居。
♂の盛りが強いこの時期は、週の半分位は別けています。

濾過機は1200のワイド濾過槽
(NB品では、濾過槽の面積が小さい為)を使用、
水中ポンプのRio2100で一時間に2トン強の水を汲み上げ、濾過、
吸い込み口にはコンバージョンキットというプレフィルターを付けて、
大きなゴミはここで取り除いており、2~3日に一度、
取り外してスポンジ部分を掃除しています。

水換えは5~7日に一度、全量。
他にはフンやゴミは都度網で掬って、 取り除いております。

体を乾かす為のホットスポット(カミハタ ネオハロゲン50W)と、
照明を兼ねて蛍光灯タイプの紫外線灯(レプティグロー5・0 20W)を設置しております。

エサとして投入した小赤が4ヶ月程生き延び、残餌の処理役として活躍しています。

RIMG5391.jpg
孵化するまで黙っておこうと思っていましたが、1/26に6年連続の産卵をしました。
♂が凹んでましたので少し心配していましたが、有精卵がとれました。
孵化すれば5年連続となり、楽しみにしてます。

というウチの環境、見て頂ければ一番早いと思います。
少なくとも、金魚は生きていけている環境です。
スポンサーサイト

新規導入

新規導入①

手持ちのホバベーター(PSE法が施行されるまで販売されてた簡易孵卵器・でも精度は凄い)
の容量が満杯に近くなりどうしようかと考えてたのですが、
以前より欲しかったクールインキュベーターが、
中古で10万弱の定価の半額程度で売ってたので購入してみました。

RIMG5366.jpg

三菱電機のHP

この精度が±0.5℃というのが、さすがインキュベーターという感じです。
これを使うと、100%TSDのベビーが作れると思います。
クールインキュベーターなので、夏場の高温も問題ナシ。
これで、南米曲頚も孵卵出来ますね。

RIMG5367.jpg

難点は、ウチの規模だと、もう1サイズ大きいのにすれば良かったこと・・・。
もっと大きなタッパーに変更しますが、それでも3つしか入りません。
またどこかのタイミングで買い替えようと思います。

新規導入②
RIMG5345.jpg
RIMG5347.jpg

赤いベルツノガエル、通称赤ベル

近所のショップさんに遊びに行った折に発見し、なんとかなるかとつい衝動買いしました。
10年くらい前に5~6頭の飼育経験がありますがどれも運悪く育つと♂で、
その鳴き声の煩さに手放しました。

RIMG5381.jpg

この個体はメスでボリューム感もいい感じ。

それにしても今更カエルを買うなんて、自分でも驚きな出来事でした。

パーカーナガクビ♀2 2クラッチ目

2012年最初の産卵は、パーカーナガクビ♀2の2クラ目でした。

RIMG5331.jpg
今回は5回くらい陸に揚げて、やっと産んでくれました。

RIMG5335.jpg
今回は通常サイズ6個+出来損ないの小さいの1個(タッパーの外の手前)の、
計7個でした。
1クラ目の様な過カルシウム卵(全て無精卵で廃棄済)ではなく、卵自体はよさそうです。

12/9と書いてあるのが、♀1の1クラ目。
11個中1個発生停止(画像上・入りきらないのでこれを機に廃棄)した以外は、
血管が確認出来てます。

RIMG5337.jpg
現在のホバベーターの様子。
左手前がコシヒロカエルガメの1クラ、奥が2クラ、右がパーカーナガクビです。
パーカーの為にも少し低めの温度にしたいのですが、今の状況では無理です。

直近で産卵を控えているのはパーカーナガクビ1回とODBT複数回で、
場所はあとタッパー1個分だけ。
全て有精卵だと、間違いなく入りきらないです。

孵卵器、買おうかな・・・。

明けましておめでとうございます

旧年は様々な場所でお世話になり、ありがとうございました。

個人的な2011年のニュースその1 キンバリーアカミミマゲクビガメの導入

RIMG5308.jpg

それまで特にマゲクビ全般に興味があった訳ではないですが、
一昨年に初入荷した赤い本種にはかなり興味を持っていました。
到着予定の前の週に痛ましい東日本大震災があり、救援物資を送る関係で、
飛行機の予約ができず、一ヶ月強遅れて到着しました。

通関後、車に乗せる前に梱包を解いて実見した時、その赤さに感動しました。

RIMG5139.jpg
一番発色している、一番大きな個体

RIMG5142.jpg
RIMG5301.jpg
オスで、現在甲長126㎜
大きくなる度、発色している感じです。
120㎜を超えてしまいましたが、CBなので大きくなるのかも!?
このまま赤い色が残ることが分かれば、今後も人気種で居られるカメだと思っています。

ニュースその2 ノコヘリカブトガメの導入
RIMG5322.jpg
長く憧れのカメだった、ノコヘリカブトガメ
忘れもしない昨年7月15日、ウチにも導入することが出来ました。

色々ありましたが、本当に来て良かった・・・。
飛行機の接続がうまくいかず、真夏に一日遅れで到着しました。
これも梱包を解いて、空港で生きていることを確認した瞬間、泣きそうになりました。

本種の様な種親が限られている種類の場合、一度チャンスを逃すと、
二度と手に入らないこともありますので、本当に嬉しかった出来事でした。
ちなみにその次の卵は、全て無精卵だったそうです。

RIMG5317.jpg
2頭は綺麗に育っているのですが、実は12月に一番小さかった一頭が皮膚病になった際、
2日間連続で干してたところ、乾燥し過ぎて干からびて殺してしまいました。
自身の怠慢で、申し訳ない出来事でした。

RIMG5321.jpg
成長は相変わらず凄く早く個体A 86㎜・個体B 78mmになりました。
左が♂・右が♀だと読んでますが、性別はまだ微妙です。

2012年もイベント・フィールドと、色々と出かけていくつもりです。

それでは今年も宜しく御願いします。

PageTop

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (29)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター