<宣伝>ぶりくら市2010 出展のお知らせ

2010年10月3日に開催される、ぶりくら市2010に出展させて頂きます。
昨年と同様に
LOVE and PEACEさん
Akoproductionさんとの共同ブースになっております。

出展内容は

CB2010
カントンクサガメ、ニシキダイヤモンドガメ、
スジクビヒメニオイガメ、オオアタマヒメニオイガメ、ミスジドロガメ、
ハラガケガメ、パーカーナガクビガメ、ライマン×マッコードナガクビガメ、
キタニシキハコガメ、トウブハコガメ、チュウゴクセマルハコガメ、
ヒガシヘルマンリクガメ、ビルマホシガメ、ヒョウモンリクガメ

CB2009,2010
キボシイシガメ、キイロドロガメ、ミツユビハコガメ

CB2009
カブトニオイガメ

陶器製シェルター、餌皿、Tシャツ、あみぐるみ他カメグッズ、樹脂粘土の置物アクセサリー類

となっております。
個体の体調や人為ミスで持ってくるのを忘れる等、
当日販売の無い場合もあるかもしれませんので、その際はご了承願います。

個人的な出展種はこんなトウブハコガメの子供や
FfBeY.jpg

こんなトウブハコガメの子供を販売させて頂きます。
Z3GFm.jpg

久しぶりに作ったこんなトウブハコガメ(F2)の子供は、
eI4nT2.jpg
DSCF0241.jpg
孵化直後の為、販売は出来ません。

こんな感じのニシキダイヤモンドガメは

DSCF8098.jpg
DSCF9356.jpg


DSCF8102.jpg
DSCF9329.jpg

DSCF8105.jpg
DSCF9344.jpg

DSCF8107.jpg
DSCF8108.jpg
DSCF9398.jpg

もう少し育ててみたいこともあり、まだどうするか悩んでいます。

DSCF8834.jpg

こんな感じのパーカーナガクビは賑やかしです。

ご来場の折には、是非とも当ブースにお立ち寄り下さいます様、お願いします。
スポンサーサイト

和歌山県2泊3日の旅 part3

3日目は古座川でカヤックをしました。
DSCF0085.jpg
DSCF0048.jpg
DSCF0053.jpg
感動的な透明度でした。
半日の予定で、途中で泳いだり飛び込んだりしつつ、8キロの川下りを楽しみました。
唯一の心残りは、ゆっくり下り過ぎて、鰻丼が売り切れていたこと。

DSCF0222.jpg
その後は串本海中公園へ

DSCF0104.jpg
串本の海を再現した水槽

DSCF0107.jpg
長期飼育日本一(29年)というサンゴ、ウミバラ

DSCF0141.jpg
なんだか赤い気がしますが、ここで生まれたというアオウミガメ

DSCF0125.jpg
このサイズで1歳1ヶ月だそうです。

DSCF0132.jpg
目が可愛いですよね。

DSCF0134.jpg
生後一ヶ月程のアカウミガメ

DSCF0142.jpg
ウミガメの飼育場。
3種類(アカウミ・アオウミ・タイマイ)混泳して混じらないのかと聞いたところ、
やはり混じるそうです。
ただ、雑種は繁殖能力が無いので大丈夫だと言われてました。

DSCF0146.jpg
DSCF0154.jpg
DSCF0164.jpg
自然孵化なんですね。

DSCF0173.jpg
世界に2頭だけという、アルビノアカウミガメ
姫路水族館に居た個体?

DSCF0174.jpg
虹彩はブルーに見えます。

続きを読む

和歌山県2泊3日の旅 part2

2日目は諸事情で、パワースポット巡りをしました。
(今回は、生き物は全く出てきません)


DSCF9718.jpg
熊野本宮大社

DSCF9730.jpg
八咫烏
サッカー日本代表のやつです。

DSCF9739.jpg
熊野速玉大社

DSCF9890.jpg
メジャーな熊野古道の、大門坂。

DSCF9779.jpg
熊野那智大社


DSCF9855.jpg
那智の滝

昔は熊野三山を巡るのは大変な旅だったのでしょうが、車でしたら半日で回れました。

DSCF9894.jpg
その後は、映画でも有名になった、日本の捕鯨発祥の地、太地町へ。

DSCF9895.jpg
太地くじらの博物館
生でシャチを見たことがないのですが、
そのシャチが居るとのことで、かなり楽しみにしてました。

が、着いてびっくり、かなりの高額で名古屋港水族館に売られちゃったそうで・・・。
(興味があれば、ネット検索してみて下さい。)
時間のゆとりも無かったので、入りませんでした。

ヴェノム ズーの時の様に、やっぱり入っておけば良かったと後悔してます。

日本沿岸にシャチが居る(のか迷い込む?)ことも知りませんでしたし、
繁殖目的の為に♀だけ買うのも知りませんでした。

DSCF9902.jpg
DSCF9897.jpg
博物館の前の店で売ってた、クジラの串カツ 500円。
また食べたいとは思えない味でした。

DSCF9979.jpg
DSCF0001.jpg
本州最南端の潮岬へ行き、2日目が終了しました。
(ちなみに昨年の同時期には、四国最南端の足摺岬に行きました)

和歌山県2泊3日の旅 part1

9月の3連休を利用して、和歌山県へ行きました。
1日目はアドベンチャーワールドへ

DSCF9420.jpg
もうすぐ一歳というホッキョクグマ

DSCF9446.jpg
DSCF9642.jpg
もう、すっかりクマでした。

DSCF9434.jpg
ペンギンのコレクションが本当に凄過ぎて、感動モノです。
全部で7種類、約300羽居るとか。
コウテイペンギンを見られるのは、ここと名古屋港だけだそうですね。
一番ポピュラーなフンボルトが居ないのには、拘りがあるのでしょうかね!?

DSCF9431.jpg
ひたすらガラスに向って泳ぎ続けていた、ヒゲペンギン。

DSCF9475.jpg
サファリゾーンを徒歩で。アフリカゾウにエサを与えることが出来ました。

DSCF9493.jpg
アミメキリンも同上。

DSCF9525.jpg
マレーバクは見るだけ。

DSCF9531.jpg
クロサイは♂が一頭だけ。

DSCF9544.jpg
DSCF9550.jpg
シロサイには直接触って、エサやりも可能。

DSCF9518.jpg
DSCF9504.jpg
DSCF9516.jpg
チーターを見てたらたまたま餌やりイベントが。
人工保育なのでしょうが、この近さは初めてでした。
一番、嬉しい出来事でした。

続きを読む

ニシキダイヤモンド 10CB D 成長記録

10年4月上旬生まれ

DSCF8120.jpg
甲長未計測(10年5月7日)

DSCF8388.jpg
甲長35mm(10年6月1日)

DSCF9388.jpg
甲長44mm(10年8月17日)
あまり大きくなっていません。

DSCF9389.jpg
DSCF9385.jpg


個体別は、最初で最後にします。
初生甲板の模様(黒点)で照合しているのですが、数が居るとややこしくて、頭が痛くなってきます;

ニシキダイヤモンド 10CB C 成長記録

10年4月上旬生まれ 

DSCF8134.jpg
甲長未計測(10年5月7日)

DSCF8380.jpg
甲長38mm(10年6月1日)

DSCF9383.jpg
DSCF9378.jpg
甲長

ニシキダイヤモンド 10CB B 成長記録

10年3月上旬生まれ 

DSCF8383.jpg
甲長52mm(10年6月1日)
DSCF9364.jpg
甲長58mm(10年8月17日)
思った程、成長してなかったです。

DSCF9368.jpg
頭頂部は無班
DSCF9372.jpg
DSCF9373.jpg
一番黄色っぽく育っています。

そして、特にコメントが見当たりませんね。。。

ニシキダイヤモンド 10CB A 成長記録

ネタも無いので、個体別にアップさせて頂きます。

10年3月上旬生まれ
DSCF8381.jpg
甲長56mm(10年6月1日)

DSCF9322.jpg
甲長82mm(10年8月17日)

DSCF9338.jpg
班は少なめです。
DSCF9340.jpg
頭は大きい様な気がします。
もう♂は要らないので、♀だといいのですが・・・。

DSCF9328.jpg

屋外飼育が功を奏したのか、成長線がツルツル。
恐らく止まることなく、ずっと成長し続けてるってことなんだと思います。

須磨海浜水族園

お盆休みに、涼みに行ってきました。
DSCF8973.jpg

ニュースで8月中旬の1週間、ミドリガメを持ってくれば入場料無料ってやってて、
気になってたんですよね。
(訪問は受け入れ期間終了の、翌日でした)

DSCF8993.jpg
DSCF9089.jpg
引き取ったカメを収容する施設

DSCF9090.jpg
1週間で約500頭も集まったとか。凄いですね。

DSCF8998.jpg
その殆どがアカミミで、

DSCF8997.jpg
イシ・クサがちょろっと。
他には立派なクーターや

DSCF9001.jpg
キバラガメが各1頭ずつ居た位でした。
DSCF8995.jpg
沈めないし斜めにしか泳げない、凄いクル病の個体もいて、カメって凄いと変に感心しました。

他に目についたのを、撮影してきました。
DSCF9019.jpg
アカウミガメ

DSCF9010.jpg
オオグソクムシ

DSCF9023.jpg
サケガシラ(標本)

DSCF9024.jpg
県内の用水路で採れたという、ナマズ。
目が黒いので、アメラニだと書いてありました。

続きを読む

PageTop

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (28)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター