マタマタの脱皮

14~15年飼育しているマタマタ

DSCF8769.jpg
狭い水槽での飼育や偏った給餌のせいか、30cmから大きくなってません。

つい先日、空の段ボールがあったので、何となく乾燥させてみました。
引っ越しの際に段ボール箱に詰めて以来、乾燥させるのは約2年振りになります。

すると・・・

DSCF8770.jpg
甲板が浮いて、こんなに剥けました。
脇の辺りは剥がれてしまってる箇所がありますが、
甲羅の脱皮は飼育開始以来、初めての出来事でした。

DSCF8765.jpg
DSCF8766.jpg
かなり不自然に、白くなっています。
本種が脱皮するなんて聞いたこともないので、細菌性の病気だったり、
甲板の下は全部潰瘍だったり・・・と思いながらドキドキしながら剥きましたが、
一箇所に潰瘍があった以外は大丈夫そうでした。

DSCF8773.jpg
水に戻すと、色以外は自然な甲羅の感じです。

本当に脱皮なのかは、よく分かりません。。
スポンサーサイト

ヒラセガメ♂

前の記事で自力採食しないと書いたばかりでしたが、一昨日より自力で食べ始めました。
少し前からシリンジをエサだと思って食いつき始めてたので、そんな気はしてました。

DSCF8754.jpg
DSCF8755.jpg
手前♂ 奥♀

ダメっぽかったので、詳しくは書きませんがかなり強引なことをしてたのですが、
意外と何とかなりました。

飼育開始より76日目の出来事でした。

ムオヒラセガメのPr

載せるのは初めてのヒラセガメ
サイテスⅡになる前の3千円位で売られてた頃は、
エサを食べずに死んでいくカメだったと思います。

買って死んでを何度か繰り返し、以後は飼育していませんでした。

大型個体はカッコいいなと(当時は10cm位のばかりでしたよね)欲しくなり、昨年の1月に購入。
♀は飼い込み個体で16cm 入手時より、何でも好き嫌いなく食べてます。
その後もブクブク太って、現在830g。
屋外で勝手に冬眠し、春になって勝手に起きてきました。

♂は19cmで、今年5月に購入。
輸入されたてのワイルドの様で、未だ自力採食はナシ。
(挿してます)
色々なものを色々な方法で与えても餌付かないものの、
最近、ようやく立ち上がる兆しが出てきてます。
まだスカスカのままの600g。

DSCF8750.jpg

で、一ヶ月位前に初めて同居させてみましたが・・・
自分一人では食べないクセに、やることはやるんですよね~。
その後もちょこちょこ、交尾させました。

そして、現在♀が抱卵中。
かかっててくれることを祈ってます。

それにしてもこの類のカメ、飼い込みとそうでない個体の飼育が、違い過ぎ。

トウブハコガメ 2010 まだ卵

今年の繁殖状況のご報告

DSCF8748.jpg

現在♀2頭で計15個産卵してます。
小さい卵を多くか、大きい卵を少なくか個体に因って違って、
毎度ながら感心します。
当たり前ですが、小さい卵から産まれる幼体は小さく、
大きい卵からは大きな幼体が産まれます。

この卵は温度で性別をいじることにしました。
小さい卵は6月21日産卵後から26~28℃の室温、7月8日から30~32℃です。
TSDは発生中期に性別が決まるそうなので、これでもギリギリで♀になるハズ。
ただ、検証するのは面倒なので、買って頂いた方にお願いします(笑)
そして、自信ナシ・・

大きい卵は、産卵直後より、高温にしてます。

ウチではトウブハコ以外、何も卵がありません。。

ライマンナガクビガメ

DSCF8688.jpg
事故で、殺してしまったライマンナガクビ。
現在は♂1♀2になりました。

DSCF8691.jpg
2007年10月より飼育している、大きい方の♀個体

DSCF8737.jpg
DSCF8739.jpg
1回目の脱皮の機会を逃してガサガサになっていましたが、
ようやく3年越しに脱皮が始まりました。

DSCF8744.jpg
なかなか進まずじれったいので、剥きました。
一部まだ剥げない部分がありますが、綺麗になって嬉しい限り。

DSCF8746.jpg
剥いた甲板

DSCF8747.jpg
これは残った♂個体。
これも入手以来、全然脱皮しません。上記♀の脱皮が、刺激になってくれるといいのですが。

ニシキダイヤモンドガメ 09CB TSD♂

前回はこちら

甲長94mm ♀個体よりは、凸凹が少なく育っています。
この個体も白くなってしまってまして・・・

使用前
DSCF8724.jpg

使用後
DSCF8728.jpg

使用前
DSCF8727.jpg

使用後
DSCF8729.jpg

繁殖に関しては大体分かりましたが、べびーからの飼育はまだ手探りな部分があります。
08CBを育てるのを失敗し、甲羅がえらいことにしてしまいましたので・・・。

人工的な飼育下ですし淡水ですし、ある程度、ヒトが手を掛けた方がいいのかもしれませんね。

ニシキダイヤモンドガメ 09CB TSD♀ 7月

前回より、4ヶ月経過しましたので近況を。
TSD♀ 甲長110mmに成長しました。

DSCF8718.jpg

保温を止めた途端に、初生甲板が白くなってました。
流木に擦りつけていましたが、特に変わりがないので、少しだけ手助けを。

上から

使用前
DSCF8708.jpg

使用後
DSCF8722.jpg

側面から

使用前
DSCF8716.jpg

使用後
DSCF8723.jpg

綺麗になったのが、お分かり頂けますでしょうが?
左第3肋甲板の面積が広がってるのが、お分かり頂けるかと思います。
黒い部分を取ったら、恐らく真のフラワーバックになってくれるのではないかと思っています。

あと、フラワーバック(っぽい)個体と通常体色の個体の違いの一つ。

DSCF8713.jpg
腹甲が黒くないんですよね。

レプタイルズフィーバー2010 part3

会場で気になったトカゲ

DSCF8598.jpg
想像よりかなり小さかった、ユカタントゲオイグアナ

DSCF8451.jpg
オオヨロイ

DSCF8452.jpg
個人的に、ここ数年来で一番飼いたいクレフトカニンガム。
ただ、場所が無いです。

DSCF8453.jpg
アルマジロトカゲ

DSCF8515.jpg
ニシマツカサ

DSCF8478.jpg
ヨーロッパアシナシ。
自身は生理的に無理。

DSCF8480.jpg
オカアリゲーターリザード。
これも昔は凄く欲しかったです。
初めて見た際、思ってたよりボリュームがなくて。。

DSCF8536.jpg
どなたかを思い起こさせる、レッドバックのキタチャクワラ。

続きを読む

PageTop

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (29)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター