西表島3泊4日の旅

今年は子供が生まれ、イベント時の2泊以外、長期間家を空けられなかったのですが、
大きくなってきたのでそろそろ一緒に行けるかと、10月初旬に3泊4日で家族を連れて西表島に行きました。
目的は、イリオモテヤマネコを見てみたいから、です。

PA050523.jpg
石垣港離島ターミナルの具志堅さん

台風の影響を心配していましたが、関空→石垣までは順調でした。
しかし台風の後で波が高く、西表島上原港行きのフェリーが欠航。
2時間待って大原港行のフェリーで西表島入りしました。
上原→大原までのバスで1時間かかり、1日目は移動だけで終わりました。

PA050536.jpg
上原港からホテルまでの間に徒歩で見つけたヤエヤマセマルハコガメ
ヤエヤマセマルって、このオレンジ色が凄く綺麗ですよね。

チェックインして、夕食の後、晴れ間が見えたので家族を連れて車で5キロ程先の天体観測スポットに行きました。
その道中に、セマルが2頭も轢かれていました
雨が降った時に活動して、轢かれたのでしょう・・・。

PA050557.jpg
天体観測スポットにはヤシガニと
PA050554.jpg
たぶんオガサワラヤモリがいました。
ディノドン大谷氏のお陰で、捕まえるのが上手くなったと思います。
どちらも取り合えず捕まえてリリースしました。

2日目PA060570.jpg
午前中は由布島にPA060595.jpg
PA060607.jpg

午後からここを見学しました。
PA060617.jpg
PA060619.jpg
イリオモテヤマネコは現在飼育されておらず、フィールドでしか見れないそうです。

PA060626.jpg
発見した際はセンターに通報するそうですが、島の人が夜出歩かないことが一番の理由でしょうが、
思った以上に目撃情報が少ない様です。

PA060632.jpg
PA060638.jpg
その後、本当は大好きなカヤックで下りたかったのですが、乳児連れだと無理なので、船で仲間川をクルーズ

PA060719.jpg
PA060782.jpg
翌日から雨とのことだったので、最後は星が浜でスノーケリングしました。

夜、家族が寝た後が自分の時間。夜間のフィールドに。
ただ、ホテルで借りたレンタカーのガソリン代が1キロ30円という観光地価格だったため、
端から端まで行くのは止め、ホテルの周辺10キロを周りました。
出発と同時に大雨になり、爬虫類はダメそうでしたが、
PA060798.jpg
サキシマヌマガエル、ハナサキガエル、ヒメアマガエルが沢山出ていました。
PA060801.jpg
カエルを狙うサキシママダラも出てました。
ただ、4個体出ていたうち、2個体が轢かれていました。

サキシマスジオを見ようとポイントに移動中、23時頃に、道路を横切るイリオモテヤマネコを見ることが出来ました。
これだけで一気に満足し、ホテルに帰りました。
感想は、尻尾が太かったです。

3日目
天気は良くなかったですが、家族の希望でバラス島(サンゴで出来た小島)のスノーケリングツアーに行きました。
PA070969.jpg
PA070945.jpg

終わってフェリーまでの1・5時間で、某小家山先生に伺ったポイントへ、サキシマカナヘビを見に行きましたが、
雨が止まずダメでした。
夕方、石垣島へ移動し、その日の晩はフィールドに出ずに家族と過ごしました。

4日目
石垣は来ようと思えばすぐ来れるため、特にフィールドは考えていなかったのですが、
PA081062.jpg
某トカゲを見ることが出来ました。

今回、子供も飛行機酔いや船酔いもなく、終始楽しそうにしていたので、
次回はもっと遠くに行こうと思っています。
スポンサーサイト

和歌山 古座川のフィールド

8月中旬 カメラマン川添氏と友人某氏と、クリーパーのコラムでお馴染み、
永井氏のお住まいの和歌山県にある古座川へ2泊3日で遊びに行ってきました。

1日目はほぼ、移動のみで、夜は永井・川添両氏の案内で、車でフィールディングに行きました。
image (8)
シロマダラのベビー
車からこんなに小さなヘビを見つけるお二人は、本当に凄いと思いました。
これは道路に居たのを岩に乗せた、やらせ画像です。

image (2)
二ホンマムシのベビー
image (3)
二ホンイモリ
image (9)
オオサンショウウオ
平井川という川に生息しているのですが、人為分布ということです。
しかも全て、チュウゴクオオサンショウウオとのハイブリッドということでした。

アライグマに会って、ここまで帰化していることにも驚きました。

2日目は前日降った雨をダムが放水していたため、カヌーは出来ず、アドベンチャーワールドに。
夜は楽しく呑みました。
image (4)
image (10)

サザエやトコブシ、鹿肉・牛肉・豚肉のバーベキュー、永井氏お手製の天然ウナギの蒲焼も最高でした。

image (5)
3日目は快晴で、自分で使う流木を拾う為に滝に

image (6)
古座川のカヌーも満喫しました。

image (7)
クリーパーのコラムでお馴染みのゴーラ
二ホンミツバチの巣です。初めて実物を見ました。

その土地に詳しい方にガイドをして頂くと、何倍にも楽しい旅になります。
また来年も、お世話になりたいと思います。

本年も宜しくお願い致します

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

年末年始は完全オフで、充電の為に9泊10日でオーストラリアに行ってきました。

DSC03979.jpg
シドニーではカメブリーダーのお宅を訪問し

DSC04056.jpg
池で泳いでカメを捕まえ最高の時間を過ごすことが出来ました。
(これはクーパークリークマゲクビガメ)

念願のシロガオカブトもこの手で触りました。

RIMG0300.jpg
一応観光も。

RIMG0669.jpg
エアーズロックでは

RIMG0724.jpg
トカゲを捕まえ

RIMG0773.jpg
6年10ヶ月振りにアリススプリングスのここにも訪問

RIMG0825.jpg
モロクトカゲ最高でした

RIMG1141.jpg
パースにはコレを探しに

DSC04692.jpg
マツカサトカゲを探してロットネス島と
DSC04801.jpg
ピナクルズ等、パースの北も攻めました。

最後は香港の金魚街に寄って、帰りました。

これは次々号のクリーパーに書きます!

行ってきました

年末年始+αで、14泊15日 ペルーとエクアドルへ旅行に行ってきました。

RIMG2268.jpg
2012年に亡くなったこのカメは見れませんでしたが・・・

RIMG2230.jpg
RIMG2386.jpg
訪問前日に痛ましい事件のニュースがあり、胸を痛めました。

しかしながら行くと、今迄行った中で、一番最高の場所でした。
かなり無理しましたが、行って良かったです。

旅行記は時間が出来ましたら、クリーパー誌に書くつもりです。

和歌山 クジラウォッチング

4月末に行った時の画像です。

マッコウクジラが見たいものの、イルカだけしか見れないと、水族館でも見れるし・・・と、
ギリギリまで行くか止めるか悩んでいたのですが、前日にマッコウクジラを見ることが出来、
一度見れると暫くその付近で見られると言われ、行きました。

神戸を夜11時頃に出発し、朝4時頃、和歌山県の南紀に到着しました。
遠いです。

R0014690.jpg
R0014704.jpg
車の中で1時間程仮眠をとって、朝6時に出港

R0014721.jpg
R0014732.jpg
R0014738.jpg
波は高くてすごく揺れましたが、帰港するまでの6時間で、ハンドウイルカ・
ハナゴンドウ・シワハイルカを見ることが出来ました。

が、マッコウは見れませんでした。
帰港して聞いたところ、波が高くて、マッコウの居るポイントまで行けなかったそうです・・・。

R0014747.jpg
見れなかったお詫びに、カツオの刺身とたたき、ブリの塩焼き等の、昼食をご馳走になりました。

R0014756.jpg
初めて食べた、茹でたカメノテ

ウォッチング最中に追い込み漁をやっていたので、見学することにしました。
イルカの漁期は9~翌2月、クジラは翌4月とのことです。

R0014772.jpg
追い込み漁の終了まで時間がある為、時間潰しで行った那智の滝
台風の爪痕がまだ残っていました。

R0014777.jpg
追い込まれる入り江。
映画 The Coveで有名になりましたね。

クジラの博物館の隣にあります。

R0014782.jpg
立ち入り禁止ですが、奥が釣りのポイントになっているらしく、
釣り人が出入りしていました。
邪魔が入らない様にか、複数の漁業関係者と思われる方が、見張っておられました。

R0014791.jpg
R0014792.jpg
追い込みが終了し、ダイバーが尻尾にオモリを付けているところ。
明るいうちは、殺さないみたいです。

R0014805.jpg
一頭だけ、ブルーシートの下に入れて、沖に連れて行かれました。

R0014807.jpg
R0014811.jpg
オモリのせいで泳げないのか、立ち泳ぎをしているオキゴンドウ・コビレゴンドウ。
ピーピー鳴いていました。

朝のウオッチングでみたよりも、多い数でした。

横の入り江にはクジラの博物館がありますが、
勿論聞こえているでしょうね。

動物愛護なのか、日本の伝統文化を守るのか、第三者としてはなんだか複雑な心境でした。

PageTopNext>>

最新記事
カテゴリ

繁殖記録2017年度 breeding records (2)
繁殖記録2016年度 breeding records (16)
繁殖記録2015年度 breeding records (16)
繁殖記録2014年度 breeding records (4)
繁殖記録2013年度 breeding records (17)
繁殖記録2012年度 breeding records (19)
繁殖記録2011年度 breeding records (13)
繁殖記録2010年度 breeding records (11)
繁殖記録2009年度 breeding records (17)
繁殖記録2008年度 breeding records (14)
トウブハコガメ Terrapene carolina carolina (57)
ODBT Malaclemys terrapin macrospilota (49)
ノコヘリカブトガメ Myuchelys latisternum (25)
パーカーナガクビガメ Chelodina parkeri (14)
マッコードナガクビガメ Chelodina mccordi (4)
オーストラリアナガクビガメ Chelodina longicollis (6)
グナレンナガクビガメ Chelodina gunaleni (1)
カンムリカエルガメ Mesoclemmys heliostemma (1)
コシヒロカエルガメ Mesoclemmys tuberculata (6)
マタマタ Chelus fimbriatus (4)
スローロリス Nycticebus javanicus (3)
ヒガシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa asper (1)
ニシマツカサトカゲ Tiliqua rugosa rugosa (5)
ロットネスマツカサトカゲ Tiliqua rugosa konowi (3)
ストケスイワトカゲ Egernia stokesii (2)
その他 Others (6)
フィールド他 Field (21)
お宅訪問 (10)
イベント show (81)
動物園・水族館 (63)
新入荷 new arrival (28)
未分類 (12)
チュウゴクワニトカゲ Shinisaurus crocodilurus (5)
ムオヒラセガメ Cuora mouhotii mouhotii (3)
フトアゴヒゲトカゲ (1)
アカミミマゲクビガメ Emydura australis (11)
クロハラへビクビ Acanthochelys spixii (1)
ライマンナガクビガメ Chelodina reimanni (9)

最新コメント
月別アーカイブ

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

プロフィール

KOBU JAPAN

Author:KOBU JAPAN
トウブハコガメ・ノコヘリカブトガメ・パーカーナガクビガメ・ニシキダイヤモンドガメ等の水棲亀、マツカサトカゲやアオジタトカゲ等のスキンクをメインに飼育しています。

SHOPを経営しております。
http://usankusays.cart.fc2.com/

輸入・輸出・卸売・小売を生業としており、
個人的な嗜好にかなり偏った取り扱いをしております。
輸入・輸出の代行も可能です。ご相談下さい。

購入に際してのお問い合わせは、必ずメールフォーム 
http://form1.fc2.com/form/?id=338061 
よりお願い致します。

文章や画像の著作権は放棄しておりません。

無断転用は固くお断り致します。
Copyright © KOBU JAPAN all rights reserved.

カウンター